そろそろロボット掃除機?:週刊ロボット掃除機通信

家庭用ロボット掃除機は、ルンバだけだと思っていませんか?ロボット掃除機は、海外・国内さまざまなメーカーが独自の特色を出した商品を展開しています。「ロボット掃除機が欲しい!」と検討中のあなたに、ロボット掃除機や掃除の役立つ情報をご紹介しています。

雑巾がけとロボット掃除機、床の拭き掃除で比較してみた

家の中で生活していると、自然と床が汚れていきます。そのままにしておくと、どんどんホコリが溜まっていくだけでなく、床が黒ずんだように汚れていってしまうことも…。

また、食べ物や飲み物などを床にこぼしてしまうこともあるでしょう。べたべたした汚れを残さないためにも、即座に拭き掃除が必要になります。

こうなってくると、雑巾を使った拭き掃除が必要になってきますが、雑巾がけって大変…。できることならやりたくないですよね。

 

そんな方に朗報!ロボット掃除機でも水拭きができるってご存知でしたか?

エコバックス

とはいえ、「ロボットなんかで本当にキレイになるの??」と思った方もいらっしゃるかもしれませんね…。まだまだロボット掃除機を使ったことがない方も多いでしょうから、無理はありません。

そこでこの記事では、雑巾がけとロボット掃除機の水拭き掃除について比較してみました。あなただったら、どちらを選びますか?

 

雑巾がけのメリット・デメリット

こぼす 雑巾がけ

水拭きをするときは、雑巾を濡らして行うのが最も一般的でしょう。バケツに水を汲んできて、その中に雑巾を入れて絞るというやり方です。

雑巾がけをすると、以下のようなメリットがあります。

  • 小さな汚れまでよく見える
    雑巾がけをするときは、床にかがみこんで行うため、必然的に目線が汚れに近くなります。立っていては見えなかったような小さな汚れにも気づきやすくなり、隅々までキレイにできます。
  • 頑固な汚れも拭き取りやすい
    床から近い位置で掃除するため、力を入れて掃除しやすいです。汚れ落ちがぐっと良くなります。
  • 運動不足が解消される
    雑巾がけはなかなかの重労働ですが…日頃の運動不足解消とかダイエットだと思ってやると楽しいかも!?

しかし、やっぱり大変なものは大変ですよね…。雑巾がけのデメリットは以下の通りです。

  • 寒い季節に水はできるだけ使いたくない
    雑巾を濡らして、掃除をした後は水で洗って絞って…というのは、冬場は特にきついもの。手荒れの元にもなってしまいますね…。
  • 体力が必要
    いくら運動になるとはいえ、疲れているときや、身体に痛みのあるときに、雑巾がけはさすがにきついです…。
  • ホコリを取るのに乾拭きや掃除機が必要
    大きめのゴミやホコリは、濡れた雑巾よりも乾拭きや掃除機が向いていますが、道具を替えて何度も掃除しなければならない手間、省けたら嬉しいところです。

拭き掃除もできるロボット掃除機があります!

そこで、ロボット掃除機の出番です。

ロボット掃除機といえば、従来型の掃除機と同じように、ゴミを吸い取る掃除機だと思う方が大半かと思いますが、実は、

ゴミを吸い取る+床を拭き取る

という性能を両方備えたロボット掃除機が出ているんです!

ロボット掃除機 比較

雑巾がけのデメリットはロボット掃除機で解消!

そこで、雑巾がけしたくない人は、こういう「二刀流」の床用ロボット掃除機を使ってみるといいでしょう。

床用ロボット掃除機なら、雑巾がけのデメリットがいっぺんに解消します。

  • 雑巾を濡らしたり洗ったりしなくてよい
    冬場に冷たい思いも手荒れで痛い思いもしなくて済みます。
  • 体力が要らない
    仕事で忙しい方でも、高齢の方でも、ロボット掃除機があれば体力を使わずに部屋をキレイにできます。
  • ゴミも吸い取れて水拭きもできる
    掃除のために何度も手間をかける必要がなく、ロボット掃除機にすべてお願いできてしまいます。

雑巾がけが必要なくなったら、掃除がずいぶん楽になりませんか?

ロボット掃除機 比較

「いやいや、人の手でないとちゃんとキレイにならないのでは…」と思うでしょうか?

実際にロボット掃除機で水拭きを試していらっしゃる方の動画を見つけました。こちらはエコバックスのDEEBOT M88という機種なんですが、こんなにキレイにしてくれるんですよ。最近のロボット掃除機、なかなかの実力なんです!

ただでさえ大変な拭き掃除はロボット掃除機におまかせ

ロボット掃除機を導入すれば、掃除がかなり楽になります。雑巾がけの手間が省けるだけでなく、掃除機をかけたり乾拭きでホコリを取ったり…という手間まで省けるわけです。時間にゆとりもできます。

なお、ロボット掃除機の場合には、途中で障害物があるとその付近を上手く拭けない場合も稀にあります。そういったときには、拭き残してしまった部分だけ雑巾がけをするという方法もあります。それでも、全部の床を手作業で掃除するよりもはるかに楽ですよね。

今日紹介した「水拭きもできるロボット掃除機」は、エコバックスのDEEBOT M88

ロボット掃除機 比較

床拭き「専用」のロボット掃除機は他社からいくつか出ていますが、ゴミも吸えて床も拭けるという「二刀流ロボット掃除機」って、とても珍しいんです。

しかも、スマホアプリを使えば、外出先から操作することも可能!仕事から帰ってきたら部屋がキレイになっている…という夢のような話が現実になるんですよ。

エコバックスではレンタルサービスもご利用いただけますので、ぜひあなた自身でDEEBOT M88の便利さを体験してみてはいかがでしょうか?

 

この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめです。

ロボット掃除機の機能を研究!どうやって動いて掃除しているの?

 

Return Top