そろそろロボット掃除機?:週刊ロボット掃除機通信

家庭用ロボット掃除機は、ルンバだけだと思っていませんか?ロボット掃除機は、海外・国内さまざまなメーカーが独自の特色を出した商品を展開しています。「ロボット掃除機が欲しい!」と検討中のあなたに、ロボット掃除機や掃除の役立つ情報をご紹介しています。

窓(ガラス)の種類別掃除の方法

今回は”窓のガラス別のお掃除方法”をご紹介します。

窓 掃除 簡単

床にホコリや髪の毛が落ちているだけで気になるのに、家庭で掃除をする際に忘れがちな場所があります。それは窓です。花粉や黄砂、室内外のホコリが実は沢山窓に付着しているのに、忘れがちで気づいたら窓が汚れまみれなんてことがあると思います。確かに大掃除の時期でもないと中々お手入れをすることもない!という方もたくさんいます。お手入れしてもキレイになったか不安になる窓や、拭き後が残ってしまって逆に汚くなってしまう窓もあります。なので今回は一般的な家庭の窓の種類と一緒に窓別のお手入れ方法に関してお教えさせていただきます!

 

【一般ガラスの種類】

フロートガラス(透明ガラス・単板ガラス)

こちらは一般的な窓で、中性洗剤を付け新聞紙や布で拭いてお掃除します。手の届かない部分はクイックルワイパー等を使用してお掃除すると便利です。

 

網入板ガラス(ガラスが破損しても破片が飛び散らないように、金属の網を)

マンションやホテルで見かけるこちらの窓は、火災時などに周りに破片が飛び散らないよう中に金属網がはいいています。こちらの窓も表面は一般的な透明ガラスと同じですので雑巾等を使って手で拭いていきます。

 

 

型板ガラス(不透明なくもりガラス)

片面が凸凹状になっていて、通常と同じように掃除をしてしまうと反って溝に汚れが浸透していき汚れが広がる恐れがあります。

このようなガラスを掃除する際はまんべんなく洗剤を塗り、スポンジや濡れタオルでポンポン軽く押し付けるようにして窓を拭いていきます。※洗剤を塗る際、窓ガラスを外せる場合はガラスを平行になるように倒し、取り外せない場合は洗剤をガラスに塗りかけたら数分ラップ等でガラスを覆うと洗剤が窓ガラス全体に行きわたることができます。

 

 

すり板ガラス(摺り加工をした不透明なガラス)

型板ガラス(曇りガラス)同様に掃除を行っていきます。そして、摺りガラスは曇りガラスよりも凹凸があるので、最後スポンジや濡れタオルで拭きとる際に、溝の奥まで繊維届かず汚れや洗剤の液が残る可能性があるので、薄い布をガラスに押し当てその上からブラシで擦るとガラスの溝の奥まで入り込み綺麗にすることができます。

 

窓のお掃除、もっと簡単にできないかな…?

窓用のロボット掃除機の存在をご存知ですか?

ロボット掃除機のスイッチを1つ押しただけで窓をキレイに掃除してくれるのです。内側も外側もこれ1つで十分キレイに掃除してくれるんです。また、汚れを拭きとってくれる布は洗って何度も使うことができるので、捨てるものがないのでコストをかけずにエコな掃除が行えるのです。

窓用ロボット掃除機を試してみたい!という方はこちらの記事もおすすめです。実はレンタルできる窓用ロボット掃除機があるのです!

Return Top