そろそろロボット掃除機?:週刊ロボット掃除機通信

家庭用ロボット掃除機は、ルンバだけだと思っていませんか?ロボット掃除機は、海外・国内さまざまなメーカーが独自の特色を出した商品を展開しています。「ロボット掃除機が欲しい!」と検討中のあなたに、ロボット掃除機や掃除の役立つ情報をご紹介しています。

実はやり方がちがう?窓の表裏、適したお掃除のすすめ

今回は窓掃除のコツについてのお話です。

窓のお掃除、こまめにしていますか?

エコバックス

年末の大掃除の時期に1年分まとめてやる!という方が多いと思うのですが、窓のお掃除を怠ると頑固な汚れをどんなに強くこすっても落ちなくなるし、窓自体が弱くなって割れやすくなってしまうことがあります。

窓のお掃除方法は、同じ汚れに見えても窓の表と裏では汚れ方が違います。汚れ方が違うので、自分で窓掃除をするのであれば汚れに合わせたお掃除で効率よく窓をきれいにしましょう。

 

意外と頑固?窓内側の掃除掃除方法とは

窓の内側の汚れの原因をピックアップしてみると、

・窓の開け閉めでついた手垢

・室内で舞い上がるホコリ

・キッチンから出る油汚れ

・(愛煙家のご家庭では)たばこの煙で付着するヤニ

頑固な汚れの原因のラインナップですね。

ホコリなどの汚れが少ない場合は水拭きだけでも十分です。注意点として、拭き残しがあると水垢になってしまうので乾いた布できれいに拭きましょう。

手垢、油汚れ、ヤニ汚れなどの取れにくい汚れには、重曹が効果的です。お風呂ぐらいのお湯200mlに重曹を小さじ2杯入れてよくかき混ぜます。それをスプレーボトルなどに入れて布に吹きかけ、窓の汚れを拭いていきます。汚れが落ちたら重曹が残らないように水拭きし、仕上げに乾いた布できれいに拭きましょう。

ただし、重曹はアルミに付着すると変色してしまうので、アルミサッシにかからないように注意してください。

 

放っておくと劣化が進行?窓外側の掃除方法とは

窓の外側の汚れは、土埃花粉、雨水の水垢などです。長い間雨水にさらされる窓の外側は汚れやすく、放置していると取れにくい汚れになってしまいます。

土埃や砂が付着している場合は、強く擦らないように刷毛か乾いた布で汚れを落としてください。水垢にはメラミンスポンジで拭くのがおすすめです。

スポンジ 掃除 窓

メラミン素材はガラスよりも柔らかいので傷をつけずにガラス面をきれいにすることができます。メラミンスポンジは水で濡らして擦るだけなので、簡単にお掃除に使えます。

ただし、砂や土埃などが残っている状態で使ってしまうと、窓を傷つけてしまう可能性がありますので、きれいに落としてから使用してください。

また、ガラスにコーティングやフィルムが貼られていると傷がついてしまう可能性がありますので、その場合はメラミンスポンジの使用は禁物です。

 

こまめに窓掃除をする時間が確保できるか…

自分で窓掃除する際は、道具をそろえて根気よく掃除をしなければならないのでとても大変です。

こまめに自分で窓掃除をしなくても、実は最近窓用のロボット掃除機が発売されていることをご存知でしたか?

梅雨 掃除

このWINBOT950という窓用のロボット掃除機は、ボタン1つ押しただけで窓をキレイにしてくれるという優れものなのです。

窓の内側なら、重曹を溶かした水を吹きかけておいてロボット掃除機で拭きとってみたり。

窓の外側なら、メラミンスポンジを使用おする前に乾拭きの状態でロボット掃除機を使用し、汚れを払ってみたり。

使い方は様々ですが、ボタン一つで窓の清潔感を保ってくれるので1家に1台あると便利かな?と思います。

ただ、本当にいいものなのか?というところに関しては使ってみないとやはりわからないところですよね。

実は、このWINBOT950は購入前にレンタルすることができるのです。1度この窓用ロボット掃除機を使ったときの楽さを味わってみるのもアリかもしれません!

WINBOT950のレンタル情報はコチラ↓↓

キレイな窓で清潔な生活を送るのであれば、掃除を簡単にするロボット掃除機を買うのも手ですね。

WINBOT950が気になった方は実際に使ってみてどうなのか?気になりますよね。WINBOT950を体験したライターMさんの記事も重ねて読んでみてください!

Return Top