そろそろロボット掃除機?:週刊ロボット掃除機通信

家庭用ロボット掃除機は、ルンバだけだと思っていませんか?ロボット掃除機は、海外・国内さまざまなメーカーが独自の特色を出した商品を展開しています。「ロボット掃除機が欲しい!」と検討中のあなたに、ロボット掃除機や掃除の役立つ情報をご紹介しています。

放っておくと危険?窓掃除をしないとどんなデメリットがあるのか

窓は、住宅だけにあるものではありません。

会社などが入っているビルや、お店などにもありますし、高くそびえ立つ東京タワーや東京スカイツリーなどにも窓があり、あんなに高い場所の窓掃除は考えただけでも大変そうです。ですが、その大変そうな窓掃除を「WIPE UP!というエンターテイメントショーとして行っていました。

高所で大変な窓掃除を楽しいものとして考えられるなんてとても素敵なことです。

いくら楽しく伝えられても、やっぱり家の窓掃除は季節を通して面倒です。春は花粉が飛んでいて外に出たくないだとか、梅雨の時期は雨が降る、夏は日差しが強く暑い、冬は外が寒いと窓掃除に適した季節は果たしてあるのかと思うくらいです。唯一、年の終わりの時期になると大掃除の一環として、重い腰を上げ窓掃除をするのが慣例になっているのではないでしょうか。あまり知られていませんが、窓掃除をしないと意外な「デメリット」があるようです。

これを機にどんな「デメリット」が有るのかを知っておきましょう。

 

人体にも影響する?窓の汚れの代表格

窓の汚れを栄養源にするカビが繁殖する冬は結露の季節。そんな結露などで生まれるカビは空気を汚し、放っておくと身体にも悪い影響があるやっかいもの。そんなカビが発生しないように窓をキレイに保ちましょう。

 

窓の汚れを侮ると電気代が無駄に…?

窓の汚れは太陽の光を妨げ部屋を暗くしてしまい、1年間全く掃除をしなかった場合、20~40%部屋を暗くなります。これからの冬の時期は日が低くなり始め、お昼に入る日差しを遮る窓の汚れは思いのほかお部屋を暗くする原因になります。

 

汚れはカーテンにも移る?

窓の汚れは窓だけに留まっているわけではありません。知らず知らずのうちにカーテンにまで汚れが移っています。カーテンの洗濯も大変です。カーテンが汚れる主な原因として、「窓ガラスの汚れ」「室内の埃」「屋外からの埃」「網戸の汚れ」等によってカーテンを汚してしまうのです。

 

窓の汚れは部屋の空気まで汚してしまう?

窓の汚れも気になりますが窓とペアとなる“網戸”の掃除も忘れずに。外から入る新鮮な空気が、窓や網戸の汚れで台無しになってしまいます。

 

窓ガラスの寿命が短くなるかも?

ガラスという素材自体は半永久的と言われていますが、いつまでも透明でキレイなガラスでいるためにはある程度お手入れが必要です。表面に白い曇りが出てきたら経年劣化が進行しているかもしれません。ガラスは、長い時間がたつとアルカリ溶出という現象を起こし、ガラスの成分に含まれているアルカリ性分が表面に出てくることがあります。こうしたガラスの現象は、経年劣化の代表的な現象ですが、ちゃんと窓掃除をしてキレイにしておくことで経年劣化を遅らせることができるのです。

 

まとめ:窓をキレイにしておくことで身も心もリフレッシュ

窓ガラスなどは定期的にお掃除をするようにしましょう。

他にも、窓をキレイにすると視界がスッキリとするので頭もスッキリとか、窓ガラスと美しくするというのは「開かれた未来」を意味する行為だとか、風水的には窓枠など金属系の物を磨くと成功へ近づくための一歩だとか言うそうです。窓掃除をしないだけで良い運勢まで逃げてしまうなんて、それもまたデメリットになるのではないでしょうか。

 

この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめです。

Return Top