そろそろロボット掃除機?:週刊ロボット掃除機通信

家庭用ロボット掃除機は、ルンバだけだと思っていませんか?ロボット掃除機は、海外・国内さまざまなメーカーが独自の特色を出した商品を展開しています。「ロボット掃除機が欲しい!」と検討中のあなたに、ロボット掃除機や掃除の役立つ情報をご紹介しています。

床の種類別掃除グッズ・畳編

shutterstock_453096712
フローリング・畳などの床掃除をするときには、それぞれの床の素材に合わせることが重要になってきます。畳の掃除をするときに気を付けることは、畳の「目」をなるべく傷つけないように心がけることです。この点に注意するだけでも、より長く畳を利用することができるようになります。

 

箒はなるべく穂先が柔らかく細かいものを

まず、畳を掃除するときに使用する道具としては、昔ながらの方法ですと箒を使った方法があります。この時使用する箒はなるべく穂先が柔らかく細かいものを選ぶと畳を傷つけにくくなります。

箒でとりきれなかったごみやこびりついている汚れは固く絞った雑巾を使って軽くふき取るようにしましょう。
水を含ませすぎると、畳が水を含んでしまって乾燥するまでに時間がかかってしまいますのでぞうきんを使うときにはしっかりと絞ることが大切です。畳がしめってしまうと、カビが生える原因になってしまったり、ダニなどの害虫が繁殖してしまう可能性があります。
ぞうきんを使用する時も畳の目にそって優しくふき取るよう心掛けてみましょう。

 

より細かなごみを一気に取り除く

n912_washitu_tp_v
また、昔ながらの「暮らしの知恵」として、箒を使うときに畳にお茶の出がらしを乾燥させたものをまいてから掃くというテクニックがあります。この方法を使うと、畳についている細かいホコリやごみなどが出がらしにくっついて回収されるため、より細かなごみを一気に取り除くことができます。箒を使って畳を掃除するときに試してみてはいかがでしょうか。

 

畳の掃除に掃除機を使ってもよい?

たたみ 掃除

また、掃除機を使用して畳を掃除することもできます。掃除機を使用することによって、目に見えない小さなごみや、ダニなどの害虫の死骸などまで吸い込むことができますので、月一回など定期的に行うとよいでしょう。

この時も畳の目を意識して必ず一方方向に向けて進めるように心がけましょう。この時に機械を押し付けてしまうと畳を傷つけてしまう恐れもありますので、あまり力を入れずに軽く持つようにしましょう。

掃除機の機種によっては、畳用のモードが用意されているものもありますので、設定を変更するとより効果的です。

 

この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめです。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top