そろそろロボット掃除機?:週刊ロボット掃除機通信

家庭用ロボット掃除機は、ルンバだけだと思っていませんか?ロボット掃除機は、海外・国内さまざまなメーカーが独自の特色を出した商品を展開しています。「ロボット掃除機が欲しい!」と検討中のあなたに、ロボット掃除機や掃除の役立つ情報をご紹介しています。

床の種類別掃除グッズ・カーペット編


床の中でも掃除がしにくい床といえば、カーペット素材の床です。カーペットの床は、温かみや高級感があって、他の素材には代えがたい魅力があるのですが、清潔に保つのに手間がかかります。丸洗いするのは大変ですし、クリーニングでは費用がかさみます。最近、清潔感が無くなってきたと感じたら、天気の良い日に布団のように、日に当てて干すと良いです。

 

中々大変なカーペットのお手入れ

マンションの画像:robot-life

ただし、大きなカーペットを干すにはそれなりの大きな庭やバルコニーが必要ですし、お天気が良く時間もあって、条件の揃った日を選ばなくてはなりませんから、干すといっても手軽ではありません。

やはり、一番大切なのは日々の掃除です。吸引力の高い掃除機を使って小まめに掃除をしていれば、ある程度の清潔は保てます。しかし人間の髪の毛やペットの毛などは取り残しやすいです。
そこで、とっておきの知恵をご紹介いたします。食器洗いの時などに使うゴム手袋を嵌めた手で、カーペットをなでると、面白いように毛が集まります。

いずれにしても、カーペットを清潔に保つには、日々たゆまぬ努力が欠かせません。そこで発想を変えて、文明の利器を投入するのはいかがでしょうか。

 

 

お掃除ロボットという物も、だいぶ知名度が上がってきましたが、中々便利なものです

image017
最近の製品は機能が充実していて、見た目にもスタイリッシュです。大きさもコンパクトな製品があり、部屋に置いていてサマになるので、収納スペースを心配しなくても大丈夫です。

ロボットを使うことで、お掃除が苦手という人でも、やる気が出てくる効果も期待できます。ロボット掃除機が作動しやすい環境をいうのは、障害物の少ない環境です。物を散らかさずに整頓をしていれば、床・カーペットなどの、床の素材に合わせる必要はありません。

しかも吸引力などは、最新の技術で舌を巻く程の性能です。そのような製品を使用すれば、毛が取れないと言って、ゴム手袋を持ち出さなくても良いです。

まだ使っていないという方は、ロボットを購入することになりますが、労力や時間の節約になるので、結果的にお得ともいえます。

 

この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめです。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top