そろそろロボット掃除機?:週刊ロボット掃除機通信

家庭用ロボット掃除機は、ルンバだけだと思っていませんか?ロボット掃除機は、海外・国内さまざまなメーカーが独自の特色を出した商品を展開しています。「ロボット掃除機が欲しい!」と検討中のあなたに、ロボット掃除機や掃除の役立つ情報をご紹介しています。

「縦切り」って何?謎の専門用語

自宅の掃除の中でも大変な掃除のひとつにあげられるのが窓ではないでしょうか。

年末の大掃除の時にしかやらないという人もいるかもしれませんが、窓が汚れてくすんでいると、部屋の中に入ってくる光も遮られるような気もするので、できれば定期的にきれいにしておきたいものです。

 

窓掃除をする際に用いるもの

窓を掃除する際に用いる道具としては、窓用クリーナーや雑巾、なかには新聞紙を使った昔からある手法で行うという人もいるでしょう。しかし比較的簡単に、きれいにすることができる道具がスクイジーと呼ばれるものです。名前だけを聞くと、どんなものだろうと思う人もいるかもしれませんが、アルファベットのTの形をして水切り用のゴムがついている道具で、見ればわかる人の方が多いでしょう。

今では100円均一の店でも手に入れることができます。

 

 

スクイジーの上手な使い方

スクイジーの使い方で重要になってくるのが縦切りと横切りという方法で、洗剤を使わなくてもきれいに磨くことができます。横切りやり方としては、水を吹きかけ、右に2センチほど傾け、左から右へ一気に滑らせます。右端まで到達したらそのままの形で下に下げてそっとガラスから外します。縦切りのやり方としては、左に1セントほど傾け、下まで達したらそのままの形で右方向に動かし、ガラスからそっと離します。

ポイントとしては柄の部分を軽く握ります。拭いた部分を四分の一ほど重ねて繰り返していくと、よいでしょう。スクイジーの動き似合わせて体も移動させると、きれいにしやすくなります。一列終わったらスクイジーの刃の水気をしっかりと拭き取るようにしましょう。

 

なかなかコツがつかめない時は…

ロボット 種類 たくさん

このように見てみると意外に簡単だと思うかもしれませんが、コツをつかむのはなかなか難しいことです。そこで便利に利用できるのが窓用のロボット掃除機です。窓に張り付いて自分で掃除をしてくれるので、忙しい人や自分できれいにするのは難しいという人には、とても便利なアイテムといえるでしょう。

 

とっても便利なお掃除道具”窓専用ロボット掃除機”についてはコチラの記事をご覧ください。

Return Top