そろそろロボット掃除機?:週刊ロボット掃除機通信

家庭用ロボット掃除機は、ルンバだけと思っていませんか? ロボット掃除機は海外・国内さまざまなメーカーが独自の特色を出した商品を展開しています。「ロボット掃除機が欲しい!」と検討中のあなたに、ロボット掃除機や掃除の役立つ情報をご紹介しています。

初めて買う方必見!正しいロボット掃除機の選び方と活用術5選

今回はロボット掃除機を初めて買おうと検討している人のためのロボット掃除機の正しい使い方についてのお話です。

ロボット掃除機と言えばiRobotから出ているルンバが有名で1台10万円ほどする商品が多く、昔は特に高所得者が持っているイメージがありましたよね。最近では、年々いろんなメーカーからロボット掃除機が発売され、一般的にお給料が安い新入社員のような方でもお手軽に買えるロボット掃除機も増えてきましたよね。

しかし未だロボット掃除機の使用経験が無い方にとって使用前の悩みとして、

種類がたくさんありすぎてどのロボット掃除機がおすすめなのか?

すぐに壊れてしまわないか?

安いものってしっかりと掃除してくれるの?

など、どれがおすすめなのか?ロボット掃除機に対する不安があるかと思います。

ということで、比較的安価なロボット掃除機を購入し1か月使ってみて発見したロボット掃除機の選び方と活用術を説明したいと思います。

エコバックス

 

部屋のサイズや家具のサイズに合ったものを購入検討した方が◎

ロボット掃除機を購入していざ試してみよう!と思い発進させ目を離し、違うことでもしようと別部屋へ移動。

「…ガッ…ガッ…ガッ」なんだかぶつかる音がする。

見てみるとベッドと床の隙間に入りたそうにしているロボット掃除機がベッドのサンに何度もぶつかっている音でした!

結局返品…。

という残念な結果になる前に覚えておいてください。

ロボット掃除機には発売しているいろんなメーカーがあるように、高さや幅も様々な種類があるのです。

購入前に掃除をしてほしい場所にある家具の床から隙間幅などを把握しておきましょう。ロボット掃除機は本体の厚みが10センチと分厚いものからわずか5センチの薄型のものまで発売されています。特にベッドやソファーの下もお掃除をしてほしい方などは家具の下までお掃除できるのか買う前に確認するのがおすすめです。ロボット掃除機

 

障害物はどける

安いロボット掃除機であろうが、高い掃除機であろうが、床に物が置いてあるとそれを”障害物”という様に認識します。

ロボット掃除機を買ってから気づく方も多いのですが、ロボット掃除機は自分で動いてお掃除してくれますが物を自分で動かすことはできません

最近では落下・衝突防止機能が搭載されているロボット掃除機もあるので、障害物がある部分は綺麗に避けて掃除をすることができます。(タンスなどに衝突するのを防ぎ、ロボット掃除機もタンスも傷つかないように登載された機能なのです!)

ですが例外として、手のひらサイズのぬいぐるみのように小さいものを床に置きっぱなしにしておきます。

あまりに小さいものだとセンサーに”障害物”とも認証されず、ロボット掃除機はその道をどんどん進んでいこうとするものですから、手のひらサイズのぬいぐるみは何度も攻撃されてしまう恐れがあります。

つまり、最初はリビングの真ん中に置いたはずの手のひらサイズのぬいぐるみが遠く離れたトイレの前で倒れているというかわいそうな現象が起きてしまうということです。

ですのでなるべく小さいものは掃除をする前に机の上などに置いておいた方が良いでしょう。

タイマー等設定していると外出している時にでもお掃除を行ってくれて便利ですが、床にお洋服やバッグ等散乱しているとロボット掃除機も本領を発揮しません。物が散乱していたり家電コードが散乱していたりすると時々身動きが取れず充電器に戻らず充電切れになり迷子になっている可能性もあります。

ロボット掃除機

 

大きなゴミは拾っておく

ロボット掃除機が壊れる原因”大きなゴミ”。お菓子の袋や丸めたちり紙など、大きいゴミはさすがに吸い込めないものです。

そしてそのようなものがなぜロボット掃除機を壊す原因として挙げられているかというと、

ゴミ詰まりが起こり他のものが吸い込めなくなってしまうのです。

大きなゴミが吸い込み口(ブラシ有り無し含め)を通過したとしてもゴミタンクで大きなゴミが充満してしまった場合、吸引力が格段に下がってしまいます。

吸い込み口でアウトの場合もあるので、ロボット掃除機を長く使いたい場合大きなゴミは自分で拾うことをおすすめします。

もし、大きなゴミを吸い込んでしまったときは、「なんだこのロボット掃除機、吸引力弱いし全然掃除してくれないじゃん」と思わずすぐにゴミタンクのゴミをゴミ箱に捨てましょう。

ロボット掃除機も吸い込める容量は決まっているので大切に使ってあげてくださいね。

ゴミ拾い

 

吸い込んだ後のごみの処理はこまめに

ロボット掃除機にもできないことがあります。それはロボット掃除機本体のゴミタンクに溜まったゴミを捨てることです。

ロボット掃除機のゴミタンクはコンパクトなものが多くこまめにゴミが溜まっていないか確認する必要があります。

大きなゴミを吸い込んでいなければ2、3日に一回はチェックをするのがおすすめです。

しかし、最近ではロボット掃除機に溜まったゴミを自動回収する製品もあるようです。

ロボット掃除機

DEEBOT79(エコバックス・ジャパン株式会社)

このように、部屋中掃除してきたロボット掃除機が自動的に充電スポットへ帰って来たときにゴミタンクから自動でゴミを回収してくれるものも最近では人気のようです。

小さいゴミタンクからごみを取り出すと、手は汚れるし、その作業自体が面倒という人は多いです。

自動回収の機能があれば捨てるときは簡単。ボタン一つ押すだけで手を汚さずにまとまったゴミをゴミ箱に捨てることができるのでとても楽なのでおすすめです。

 

ブラシメンテナンス

掃除経験のある皆さんは一度はこの壁にぶつかりますよね。回転ブラシにゴミが詰まるということに。

ブラシには頑固に髪の毛などの長いものと一緒にホコリなど、たっぷりついているため簡単にお手入れができないですよね。

実はゴミタンクと同じくらいこまめにメンテナンスした方がいいのはこの回転ブラシの部分なのです。

何か月も放置していると、吸い込めるものでも吸い込めなくなる可能性があるのです。

ですので、こまめに回転ブラシを外し手入れをしましょう。こちらは普通のスティック型の掃除機にも言えることですが、ブラシに絡まったときはどうしても自分で髪の毛等を取り除く必要があります。

また、あまりにも髪の毛や絡まりそうなゴミが床に落ちている場合は、ブラシが取り外しできるロボット掃除機を買うとブラシで掃かずにダイレクトで吸引し便利だと思います。

ロボット掃除機

 

実践で学んだロボット掃除機の活用方法は様々

ロボット掃除機は今回ご紹介した注意点等をしっかり心得ておくと、実際に購入して使うときにギャップが少なく、またきちんとした使い方さえ知っておくととても便利なお掃除道具です。

ロボット掃除機の購入を検討するときの悩みとして、

・掃除をする時間がない

・掃除をする時間がもったいない

・そもそも掃除が嫌いだからしたくない

…など様々な理由があると思います。

そんな方にはよりロボット掃除機について詳しく記載されているこんな記事もおすすめです!(あなたの常識は間違っている!?ロボット掃除機のホントとウソ)

楽できるところは楽をして、自分の時間を有効活用してきましょう!

 

Return Top