そろそろロボット掃除機?:週刊ロボット掃除機通信

家庭用ロボット掃除機は、ルンバだけだと思っていませんか?ロボット掃除機は、海外・国内さまざまなメーカーが独自の特色を出した商品を展開しています。「ロボット掃除機が欲しい!」と検討中のあなたに、ロボット掃除機や掃除の役立つ情報をご紹介しています。

ロボット掃除機への不満を解消する方法を考えてみた

ロボット掃除機を購入すると、自分で掃除をする手間が省けたり、空いた時間を趣味や家族との時間に使えたりして、さまざまなメリットがあります。

しかし残念ながら、「ロボット掃除機を買ってみたものの、思ったほど良くなかった…」という不満の声を伺うことも…。

ロボット掃除機はたしかに100点満点ではないかもしれませんが、完璧でないのはどの掃除機でも同じです。例えば従来型の掃除機は、重かったり線が邪魔だったりしますし、自分で時間と手間をかけて掃除しなければいけませんよね。

 

そこでこの記事では、ロボット掃除機を使った方々からよく聞く不満と、考えられる解決策をお伝えします。

 

ロボット掃除機は本来、暮らしの最高のパートナー。不満はうまく解消して、面倒な家事に貴重な仲間を取り入れてみませんか?

不満1:床の上のモノを片付けなければならない

エコバックス

ロボット掃除機にはセンサーが付いていて、障害物や段差を感知し、よけながら掃除してくれます。しかし裏を返すと、ロボット掃除機は障害物だらけの場所では自由に動き回れないということになります。

そこで、ロボット掃除機がキレイに掃除しやすいように、床の上にあるモノをなるべく片付けておきたいところなのですが、この掃除前の片づけを「面倒」だと不満に感じる方が多いようです。

 

でも実は、ロボット掃除機を使うために部屋を片付ける習慣ができた!と、メリットに感じている方もとても多いんです!

 

床にモノを置くことをやめると、部屋がとても広く使えるようになります。人間にとっても、障害物がないほうが暮らしやすいはず。そう、ロボット掃除機購入は片付けのチャンス!

また、お子さんのいるご家庭では、ロボット掃除機の存在を利用して、お子さんに片付けの習慣を教えてしまう!という手もあります。

大人であってもロボット掃除機に愛着を感じる人も少なくないですから、子どもであればなおさら、「ロボット掃除機のために片付けよう」というのは意外と有効かも?

 

↓↓↓以下の記事にも少し事例が載っています。

子育ての強い味方!子供がいる家庭こそロボット掃除機がおすすめな理由

 

面倒に感じるかもしれませんが、少し視点を変えると、「ロボット掃除機のために片付ける→日々の暮らしが何倍も快適になる!」ということなんです。

習慣を変えるのはちょっと大変ですが、習慣って当たり前になってしまえば、歯を磨いたり顔を洗ったりするのと変わらないんですよね。

 

不満2:音がうるさい

「ロボット掃除機はうるさい」という意見をときどき耳にします。普通の掃除機よりもうるさいという声も…。

普通の掃除機で夜帰宅してから掃除機をするご家庭では、たしかに騒音を気にしないといけなかったと思います。近所迷惑になっても困りますものね。

 

しかし、ロボット掃除機の場合は解決策があります!

  • 外出する直前にスイッチを入れて、外出している間に掃除が終わるようにしておく
  • タイマー機能が付いているロボット掃除機なら、仕事に行っている時間などに合わせてタイマーを設定する
  • スマホで遠隔操作ができるロボット掃除機なら、帰るまでに掃除が終わるように外出先から指示する

つまり、自分たちがうるさくないように、近所迷惑にならないように、日中の外出中にロボット掃除機を動かすこと!

これなら音を気にすることなく掃除ができますね。

 

また、「そもそも音の小さい機種を探したい!」ということであれば、動作音のdB数をチェックしてみてください。

音の大きさを公開していないメーカーも多いのですが、一般的に生活の中で望ましい音のレベルは40-60dBと言われているのだとか。掃除機も、60dB以内が一つの目安になりそうですね。

ちなみにエコバックスのロボット掃除機は、小回りの利くDEEBOT MINI2も、

レーザースキャンの技術を使ったマッピング機能で、お部屋の間取りを自動計測して綿密にお掃除してくれるDEEBOT R95も、

その他多くの機種で、動作音は56dBですので基準をクリアしています!

 

不満3:壁際や隅のゴミが取り切れない

「ロボット掃除機はキレイにならない」という方もいらっしゃいます。特に、壁際や部屋の隅の掃除が行き届かない…という声が多いようです。

しかし、自動で部屋の大部分の面積を掃除してくれるというのはやっぱり魅力的。見方を変えると、「ロボット掃除機が部屋のほとんどを掃除してくれる」ということですから。

外出中にロボット掃除機に掃除を任せておけば、掃除のために使っていた時間がすべてあなたのものになるのです。たとえ1日数十分のことであっても、「ちりも積もれば山となる」!

 

そこでお勧めの掃除方法は、ロボット掃除機と、元々お持ちだった従来型の掃除機を併用する、というもの。

ロボット掃除機を毎日動かしておいて、おおむねキレイな状態を作っておく。どうしてもロボット掃除機が掃除しきれない場所は、従来型の掃除機を使って、人力でキレイにする。

これだけでも、時間や手間はずいぶん節約されているはずです。従来型の掃除機だけでは、手間がかかって大変です。

 

また、エコバックスでは、ハンディ掃除機とセットになったハイスペックモデルDEEBOT R98も販売しています。

ロボット掃除機

ロボット掃除機とハンディ掃除機があれば、まさに鬼に金棒ですね!部屋の隅々までキレイにすることができます。

 

※従来型の掃除機との併用方法は、具体的には以下の記事をご覧ください。

[ロボット掃除機活用術]従来の掃除機との併用が最強な件

 

不満を解消して、ロボット掃除機と仲良く暮らそう

ロボット掃除機は、今まで出回っていた掃除機と少し性質が異なります。使い勝手の違いが「不満」になってしまうことが多いようです。

ちょっとした工夫で、ロボット掃除機はあなたの良きパートナーになってくれます。ロボット掃除機があれば、掃除が圧倒的にラクになりますし、常にキレイを保ちやすくなります。

また、掃除にかけていた時間を趣味や休息に充てたり、家族とのコミュニケーションの時間に充てることも可能になりますね。

 

もちろん我々メーカーとしては、今後もロボット掃除機の改良を重ねて、完璧にキレイなお部屋を作れるように努力を続けてまいります!

 

※こちらの記事もおすすめです!

【2018年最新版】メーカー8社のロボット掃除機を徹底比較しました!

Return Top