そろそろロボット掃除機?:週刊ロボット掃除機通信

家庭用ロボット掃除機は、ルンバだけと思っていませんか? ロボット掃除機は海外・国内さまざまなメーカーが独自の特色を出した商品を展開しています。「ロボット掃除機が欲しい!」と検討中のあなたに、ロボット掃除機や掃除の役立つ情報をご紹介しています。

毎週末の床掃除から自分を解放する方法とは?

掃除

一人暮らしの男性にとって必要でありながら面倒な家事のひとつとして、掃除があります。

床面積がそれほど広くないにしても、掃除機やぞうきんがけをするだけでも時間がかかり、定期的に掃除を行っていない場合は一度の掃除で半日以上かかることもあります。

一方で休日には昼間の時間を好きに使いたいもので、昼間から友人や同僚と、あるいは一人でゆっくりとしながら飲みたいというのが平日働いている社会人の希望です。

日々の疲れを癒す機会でもある休みの日に掃除したくないという人がほとんどでしょう。

 

掃除をしなくても部屋をきれいにする方法…?

ロボット掃除機

そのような煩わしい掃除を、人間に代わって自動で行ってくれる家電が昨今注目を浴びています。 一般的な家電量販店でも並ぶようになったロボット掃除機です。

発表されてから夢の家電として注目されていましたが、発売当時は価格も高く一般家庭に広まる速度は速くありませんでした。しかし現在では各メーカーからそれぞれ特徴をもったロボット掃除機が開発・販売され、世に多く出回ることにより価格も数万円程度まで落ち着くようになりました。

 

まるで魔法!家にいなくても掃除できるの?

ロボット掃除機

掃除ロボットのタイマー機能は非常に便利で、床をクリーニングしてほしい時間をあらかじめセットしておくことで、あとは自動で電源が入り稼働し始めます。毎回電源を入れるという手間が省けるだけでなく、休日でかけている間に掃除が完了するため、家に居るときにはロボット掃除機のクリーニングに足をとられることがないというメリットもあります。

各社で吸引力や対応する床面積、充電時間、スマートフォンとの連携、そして価格が違ってくる一方で、ユーザーが家にいないときに掃除ができるタイマー機能はどのロボット掃除機にも搭載されています。

 

自分に合ったロボット掃除機の選び方とは?

ロボット掃除機

ロボット掃除機を導入するにあたって気を付けておくべきことは、対応している床面積と、どの程度の段差を乗り越えられるかということです。広い面積に対応している個体もあれば、きつい段差や坂にも対応しているモデルもあるため、購入する際には自分の部屋の特徴に一致したロボット掃除機を選ぶようにしましょう。

この記事の運営者情報はコチラをご覧ください。

Return Top