そろそろロボット掃除機?:週刊ロボット掃除機通信

家庭用ロボット掃除機は、ルンバだけだと思っていませんか?ロボット掃除機は、海外・国内さまざまなメーカーが独自の特色を出した商品を展開しています。「ロボット掃除機が欲しい!」と検討中のあなたに、ロボット掃除機や掃除の役立つ情報をご紹介しています。

窓の汚れがオモテ・ウラどちらについているのか見分ける方法

掃除の際に窓ガラスを拭くと、後で確認した時に拭き残しに気付くことが多々あります。綺麗に拭いたつもりでも、一人で拭いている時は光の加減によって見えづらくなることがあるほか、汚れているのが表面なのか裏面なのか判断が難しい場合もあります。

汚れている面を素早く判断するには、窓ガラスを拭く時には表を縦に、裏を横に拭くようにします。こうすることで窓ガラスの表面に柄ができるため、汚れが縦に落ちている場合は表、横に落ちている場合は裏と容易に判断することができます。汚れの見え方は、明るさによっても変化します。例えば雲一つ無い天気の良い晴れの日は、ガラスに光が反射するため、表と裏のどちらが汚れているのか見極めが難しくなります。

天気の良い日の日中に窓拭きをすると、拭き残しが多くなってしまうのはこのためです。出来る限り拭き残しを減らすためにも、窓拭きは曇の日や夕方など日差しが弱い時に行うのがポイントです。

 

窓拭きのベストな時間帯がある?

タイマー機能 掃除機
天候は、拭き残しだけでなく汚れの落ち具合にも影響します。湿度が高い日は、ガラスの表面の汚れが浮きやすくなるため、落ちやすいという特徴があります。雨が降る直前は急激に湿度が上昇することから、雨が降りそうな日の午前中が窓拭きの狙い目となります。

窓拭きは水に浸した雑巾で問題ありませんが、屋内側の汚れと違い、屋外側のガラスにはホコリのほか排気ガス等による油分などいろいろなものが付着するため、湿度の高い日でも水拭きだけでは落ちにくいという難点があります。

 

どこの家庭にも有り最も手っ取り早く使える意外なものとは?

新聞紙 掃除

洗剤を使用するのが簡単ですが、後から水拭きやから拭きが必須となり面倒です。洗剤を使用しなくても、どこの家庭にも有り最も手っ取り早く使えるのが新聞紙です。

新聞紙のインクに含まれる油分が油を落とすだけでなく、ツヤを出すうえにホコリを付着しづらい状態にしてくれます。使い方は簡単で、クシャクシャにして丸めた新聞紙を水に浸し、良く絞ってから使用します。拭き終わったものは燃えるゴミとして出せるため、処理に困ることも無く一石二鳥です。

 

この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめです。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top