そろそろロボット掃除機?:週刊ロボット掃除機通信

家庭用ロボット掃除機は、ルンバだけだと思っていませんか?ロボット掃除機は、海外・国内さまざまなメーカーが独自の特色を出した商品を展開しています。「ロボット掃除機が欲しい!」と検討中のあなたに、ロボット掃除機や掃除の役立つ情報をご紹介しています。

もう大掃除はしなくていい!?年末に慌てない掃除のコツを公開

2017年もあと1ヵ月あまり。
年末が近づくと考えなければならないのが、大掃除ですよね。今年も憂鬱な時期がやってきてしまいました…。

でも、大掃除って、本当はしなくてもいいのではないか?と思うのです。

「ええっ!?そんなことないでしょ?」と思われたでしょうか。日頃の心がけ次第で、いつも通りの掃除で十分済ませられたり、大掃除の手間をずいぶん減らすことができるんですよ。

年末はただでさえ忙しい時期。大掃除に余計な時間を取られなくて済むような、掃除のコツをご紹介します!

大掃除ってなぜ年末にやるの?

そもそもなぜ大掃除を年末にやらなければいけないのか?

大掃除はもともと「すす払い」として、旧暦の12月13日に行われていたものです。現在でも、神社仏閣などで歳末行事として行われていますね。

現在の大掃除は、新年を迎える前に1年分の汚れを落として、歳神様を迎える準備をして、新年を新たな気持ちで始められるようにすることが目的になっています。

神様をお迎えするとなると、やはり家じゅうをできるだけきれいにしておきたいもの。1年の終わりに掃除をして、新年をきれいな家で迎えられたら気持ちがいいですしね。

とはいえ、忙しい年末に大掃除をするのは、時間を取るだけでも一苦労だったりします。少しでも手間を省くことはできないものでしょうか…?

大掃除がいらなくなる掃除のコツとは?

結論から言うと、日頃からまめに掃除しておけば、汚れがこびりついたり溜まったりすることがなくなり、大掃除の手間が大幅に省けるはずです。

とはいえ、言うのは簡単ですが、実行するのは大変なこと。そこで、日頃から掃除をしやすくなる・つい掃除をしてしまうような仕組みを日常の中に取り入れてしまいましょう。

歯を磨くのと同じで、習慣になってしまえば、やらないのが気持ち悪いと感じるはずです。

便利な洗剤を用意しておく

窓 デコレーション 掃除

きれいになるって嬉しいですよね。汚れが落ちてピカピカになった瞬間って、感動を覚えてしまうことさえあります。

そこで、「お風呂の水垢がするっときれいになる洗剤」とか「フローリングの黒ずみが一瞬で取れる洗剤」とか、これぞ!という道具を探して常備しておくと、感動を何度でも味わいたくなって、掃除グセが付きますよ

ホームセンターやドラッグストアなどに行けば、さまざまな専用洗剤が売っていますし、重曹やクエン酸なども、うまく使うと万能洗剤になってくれます。

掃除道具を手元に置いておく

スポンジ 掃除 窓

「掃除しなきゃ」とわざわざ道具を取りにいく手間を省いてしまうのも、1つの作戦です。

例えば、洗面所。汚れたときにすぐさっと拭き取れるように、スポンジやクロスを洗面台のところに用意しておくと良いです。その場で掃除するクセがついてしまえば、少なくとも汚れがこびりついて後から大変なことに…なんてことはないはずです。

掃除ってなんとなく「気合いの要るもの」だと感じてしまっていませんか?その気合いが必要なくなるように工夫をすればいいのです。

1ヵ月に1回、「中掃除」をしてしまう

1年分の汚れを年末まで溜めてしまうから、12月の大掃除が大変なことになるんですよね。だとしたら、1ヵ月に1回、しっかりめに掃除をする日を作ってしまって、1ヵ月ごとに汚れをリセットしてみては?

「大掃除」ならず「中掃除」ぐらいの規模で、掃除を毎月やってしまえばいいのです。そうすれば、年末にきれいにする汚れも1ヵ月だけで済みますよね。

例えば毎月第4日曜日などとスケジュールを決めてしまって、手帳やカレンダーに書き込んでしまうと良いかもしれません。

大掃除がいらなくなる「秘密兵器」を手に入れよう

掃除を楽しく便利に行うためには、道具って本当に大事です。せっかくなので、ロボットの力を借りてみるのはいかがでしょうか?確実に大掃除いらずのきれいな家を保てます!

床掃除は、ホコリを吸い取るだけでなく水拭きまでしてくれる、エコバックスのDEEBOT M88におまかせ!

ロボット 種類 たくさんスマホアプリで操作することもできるので、例えば仕事に行っている間に掃除を済ませておくこともできてしまいます。

これなら、毎日掃除機をかけるのも苦になりませんよね。ホコリや汚れが溜まってしまうことはないので、この1台があれば、床の大掃除の心配はなくなります!

 

そして、汚れやすい窓。年末だけ、新聞紙などを使って必死で掃除している方が多いのではないでしょうか?

実は、窓用のロボット掃除機というのもあるんです。こちらは、エコバックスのWINBOT 850という機種。

窓に張り付いて、自動でお掃除してくれる優れものなんです。

これを使えば、年末の大掃除のときに頑張らなくても、日頃から簡単に窓掃除ができるので、1年じゅう窓がきれいなまま。窓がきれいだと、お部屋に光がたくさん入って明るくなりますね。気持ちが良いものです。

こうした道具をうまく活用すれば、大掃除はいらないはずです。日頃と同じぐらいの掃除や、ちょっとだけ力の入った掃除程度で十分ですよね。

少なくともロボット掃除機があれば窓と床は日常的にきれいな状態なので、その他の場所だけきれいにすれば済むわけです。さらに、前述のように、日頃から掃除をする仕組みを整えておけば鬼に金棒。

今年はもう大掃除の時期に差し掛かっていますが、まずは大掃除でロボット掃除機を活躍させてみてください。その後は日常使いしていただければ、来年の大掃除はきっといらなくなっています!

 

※こちらの記事もおすすめです!

[ロボット掃除機活用術]従来の掃除機とのタッグが最強な件

 

 

Return Top