そろそろロボット掃除機?:週刊ロボット掃除機通信

家庭用ロボット掃除機は、ルンバだけだと思っていませんか?ロボット掃除機は、海外・国内さまざまなメーカーが独自の特色を出した商品を展開しています。「ロボット掃除機が欲しい!」と検討中のあなたに、ロボット掃除機や掃除の役立つ情報をご紹介しています。

窓掃除は年末だけでいいの?気になる窓の汚れの「深刻度」

fotolia_122021514_subscription_monthly_m
窓掃除をいざ行おうとすると手間や時間がかかってしまうことから、結局年末だけになってしまうことがあります。
しかし、年に一度年末だけ行っているだけで何もしないままでいると汚れは溜まってしまいますし、溜まれば溜まるほど年に一度だけ行っている掃除の手間や時間がよりかかってしまいます。

 

窓の汚れ具合は住んでいるところや時期などによって変わってきます

梅雨 掃除

例えば、家の近くに車がたくさん通る道路があるところでは車の排気ガスなどがつきやすいことがありますし、風が強いところでは砂ほこりなどもつきやすいです。

そのため、排気ガスや砂ほこりなどがつきやすいところでは年に一度年末だけ行っているとすぐに汚れがついてしまいますし、何もしないままでいると溜まって見えにくくなってしまうこともあります。

そして、車があまりたくさん通らないところや砂ほこりなどがあまり飛んでこないところであっても、気づかないうちに窓には汚れがついています。

そのため、窓掃除を行う頻度としては年に一度年末だけに行うよりも、少なくとも年に数回は行うことが適しています。

 

放置すればするほど手間になります

雨 梅雨 窓

しかし、年に数回としても行う頻度によって汚れ具合は変わりますし、期間があいてしまうとすぐに汚れは溜まってしまいます。そして、あける期間が長くなって汚れが溜まってしまうと掃除の手間や時間がかかってしまいます。

年に数回としても毎回手間や時間がかかってしまうと億劫になってしまいます。そして、掃除をする時間が作れなかったりなどで回数が減ってしまうと、結局年に一度の年末だけになってしまうこともあります。

そのため、窓掃除を行う頻度としては年に一度年末だけよりは少なくとも年に数回行うことが適していますし、こまめに行うことがより好ましいです。こまめに行っておくことで、毎回の窓掃除にかかる手間や時間を少なくすることに繋がりますし、あまり期間を空けずに行うことによってより窓を綺麗に保ちやすくなります。

 

この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめです。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top