そろそろロボット掃除機?:週刊ロボット掃除機通信

家庭用ロボット掃除機は、ルンバだけだと思っていませんか?ロボット掃除機は、海外・国内さまざまなメーカーが独自の特色を出した商品を展開しています。「ロボット掃除機が欲しい!」と検討中のあなたに、ロボット掃除機や掃除の役立つ情報をご紹介しています。

水拭きもできる二刀流ロボット掃除機で、フローリングが簡単キレイ!

一般家庭の床材として、フローリングはとても多く用いられています。

ところで、そのフローリング、毎日お掃除できていますか?忙しくてサボりぎみ…という方も多そうですね。「掃除は苦手」「掃除は嫌い」という声も聞こえてきそうです。

共働きの方やお子さんのいらっしゃる方、独身でも残業続きの方などは、ざっと掃除機をかけるだけで精一杯かもしれませんが、フローリングはやはり水拭きをしたほうがキレイに保てるもの。

そして、そんなフローリングのお手入れには、ロボット掃除機が大活躍するんです。

 

この記事では、忙しくてなかなか掃除ができない方や、ロボット掃除機を検討してみようかなという方のために、フローリングの掃除に向いたロボット掃除機をご紹介します。

慌ただしい暮らしに少しでもゆとりが生まれますように!

 

フローリングの掃除に関するお悩み

ちゃんと掃除機をかけているつもりでも、フローリングはいつの間にか黒ずんだり、べたべたしたりするものです。

黒ずみの原因の1つとして、皮脂汚れが考えられます。裸足でフローリングの上を歩くと、足の裏の汗や皮脂が付着して汚れのもとになってしまうのです。

また、食べ物や飲み物をこぼした後、十分に掃除しないと、汚れが残ってべたつきなどの原因になります。キッチンの床などは、油はねなども多いですから、汚れがつきやすく溜まりやすいですね。

 

頑固な汚れを残さないためには、掃除機でゴミを吸い取るだけでなく、雑巾やモップなどを使ってこまめに水拭きするのが一番です。

しかし、ただでさえ仕事や家事に忙しい毎日の中で、

  • 掃除機をかける時間もなかなかないのに、水拭きまで手が回らない…
  • 子どもがいて、掃除してもすぐに汚してしまうので追いつかない…
  • 仕事で毎日疲れているので、掃除するぐらいなら休みたい…

といった方も、大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

 

フローリングをできるだけ簡単に掃除したい!

 

そんな声にお応えする道具、ちゃんとあるんですよ。

 

フローリングには「二刀流」ロボット掃除機が活躍します

忙しくて掃除が大変な方ほど、ロボット掃除機を検討してみてほしいのです。

「ロボット掃除機ってゴミを吸い取るだけでしょ?水拭きが別途必要なら、普通の掃除機と変わらないのでは?」と思うかもしれませんね。

たしかに多くのロボット掃除機はゴミを吸い取る機能だけなのですが、エコバックス ジャパンのDEEBOT M88というロボット掃除機は、ゴミを吸い取る機能に加えて、水拭き機能も備えた「二刀流」ロボット掃除機なんです。

エコバックス

従来だと、フローリングのお掃除には、

①掃除機をかけてゴミを吸い取る
②雑巾やモップで水拭きする

という2つのプロセスが必要で、しかもどちらも人間が身体を動かして作業する必要がありました。労力も時間もかかってしまっていたわけです。忙しかったり疲れていたりすると、これはかなり面倒…。

 

しかし、このDEEBOT M88を使うと、

①ロボット掃除機をONにする、以上!

です。あとはロボット掃除機が勝手にフローリングをきれいに磨き上げてくれますので、労力も要りませんし、時間が有意義に使えます。

ロボット掃除機 比較

また、DEEBOT M88には、スマホアプリで遠隔操作する機能も付いています。

外出先からタイマー設定なども可能なので、仕事先からスマホで操作して、帰宅するまでに掃除を済ませておくという手も使えるんです。遠隔ワザは、まさにロボット掃除機ならでは。

 

…この手間の違い、いかがでしょうか?

 

でも、フローリング掃除にロボット掃除機って本当に良いの?

しかし、ロボット掃除機をおすすめすると、必ず返ってくる疑問が2つあります。

  1. 本当にキレイになるの?
  2. 高いんじゃないの?

日本ではまだ歴史の浅いロボット掃除機。使ったことのない方も多いですよね。でも、この2つの疑問はもはや心配無用なんですよ。

1.ロボット掃除機で本当にキレイになるの?

ロボット掃除機の力があまり信じられない…という声、よく聞きます。

でも、最近はロボット掃除機も少しずつ普及が進んでいて、さまざまなメーカーがさまざまな機種を売り出しています。機能もどんどん高まっているんですよ。

ちなみに、こちらはゴミを吸い取る力のランキングですが、フローリング部門ではルンバを上回って、エコバックスのDEEBOT M88が1位!メーカーや機種ごとに個性が違うので、掃除したい部屋に合わせて使い分けるのがおすすめです。

最強王者ルンバがまさかの2位…「ロボット掃除機」吸引力ランキング8選

 

また、水拭きの機能は以下の記事で確かめてみてください。ロボットを侮るべからず、キレイになって気持ちいいんですよ。

雑巾がけとロボット掃除機、床の拭き掃除で比較してみた

 

2.ロボット掃除機って高いんじゃないの?

もう1つよく聞かれるのが、「ロボット掃除機ってまだまだ高いのでは…?」という声。たしかに、日本でロボット掃除機が出回り始めた当初は、「高級品」という感じだったと思います。

しかし、現在は少しずつ普及が進んで、安価なロボット掃除機もたくさん作られるようになっているんです。初めて買うのにちょうどいい機種からハイスペック機種まで、お好み次第で選択の幅はかなり広いですよ。

ロボット掃除機 比較

先ほどから紹介しているエコバックス ジャパンのDEEBOT M88は、吸い取り×水拭きの「二刀流」でありながら4万円ほど。

2つの機能が付いていてフローリング掃除がいっぺんに済むので、掃除にかけていた時間でお昼寝ができたり、ご家族との団らんの時間が取れたりするわけです。

掃除の手間が省けて、暮らしが豊かになることを考えると、意外とお手頃なのではないでしょうか?

 

フローリング掃除こそロボット掃除機をうまく活用

掃除はどうしても面倒になりがち。しかし、面倒だと思って放っておくと、どんどん汚れが溜まってしまいます。

その結果、フローリングの黒ずみが落ちなくなってしまったり、頑固な皮脂汚れを落とすためにかえって労力が必要になってしまったり、後からさらに面倒なことになってしまうのです。

ロボット掃除機を使えば、簡単に掃除を済ませることができます。日常の汚れをこまめに落としておけば、常に気持ちよく暮らせますし、大掃除で苦労することもなくなります。

特に今回紹介したDEEBOT M88は、水拭きもできてフローリングの掃除に最適。労力を使わずに部屋がキレイになる快適さ、ぜひ味わってみてくださいね。

 

こちらの記事では、ロボット掃除機を使いこなすコツを紹介しています。

効果的に使いこなそう!ロボット掃除機活用マスターへの第一歩

 

 

Return Top