そろそろロボット掃除機?:週刊ロボット掃除機通信

家庭用ロボット掃除機は、ルンバだけだと思っていませんか?ロボット掃除機は、海外・国内さまざまなメーカーが独自の特色を出した商品を展開しています。「ロボット掃除機が欲しい!」と検討中のあなたに、ロボット掃除機や掃除の役立つ情報をご紹介しています。

ロボット掃除機のアクセサリー・消耗品。交換時期とメンテナンス方法

ロボット掃除機を使うにあたって気になることの1つが、フィルターなどの消耗品・アクセサリー

従来の掃除機にも消耗品にあたる部分はもちろんあったのですが、ロボット掃除機の場合はどうなの?どのぐらいの頻度で交換すればいいの?など、疑問をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。

そこでこの記事では、消耗品にあたるパーツの交換時期について紹介します。また、丁寧にメンテナンスしておけば各パーツが長持ちしますので、メンテナンス方法も合わせてお伝えします。

ブラシのメンテナンスと交換時期

ロボット掃除機は機種によってブラシの数が違いますが、エコバックスのロボット掃除機に付いているのは、メインブラシとサイドブラシの2種類です。

 

メインブラシもサイドブラシも、取り外して、ブラシに絡みついた髪の毛やゴミなどを取り除きます。ブラシに異物が絡まっていると、掃除機の動作が停止することもあるので、まめに掃除をしておきましょう。

一部の機種には、刃の付いたメンテナンスツールが付いていますので、絡んだ髪の毛などを切って取り除くことができます。

また、ブラシ部分だけでなく、ブラシの差し込み口やホコリを吸い込む吸引口なども、乾いた布を使ってキレイに拭いておきましょう。

 

メインブラシは週1回程度、サイドブラシは2週間に1回程度のメンテナンスがおすすめです。

また、メインブラシは6~12 ヵ月ごと、サイドブラシは 3~6 ヵ月ごとの交換をおすすめしています。

フィルターのメンテナンスと交換時期

掃除機メンテナンスの画像:robot-life

ダストボックスに付いたフィルターも、手入れが必要です。目詰まりを起こすと掃除の効率が落ちてしまいますので、メンテナンスを定期的にしておきましょう。

 

機種によりますが、エコバックスの場合、高性能フィルターとスポンジフィルターの二重構造になっているものもあります。

このうち、高性能フィルターは水洗いできませんので、取り外して軽くたたいてごみを落としてください。

高性能フィルター以外の部品、スポンジフィルター・フィルターネット・ダストボックスは水洗いが可能ですので、水できれいに洗い、完全に乾いてから取り付けてください。

 

フィルターのメンテナンスは、掃除の頻度にもよりますが、まめに掃除されるなら週に1回はしたいところ。ご家庭にペットがいて、抜け毛などが多く発生する場合には週に2回程度がおすすめです。

また、いくら掃除をしても、どうしてもフィルターが少しずつ詰まってしまいますので、4~6ヵ月ごとに新しいものと取り換えると効率よくお掃除ができます。

モップのメンテナンスと交換時期

ロボット掃除機 比較

エコバックスの製品には、拭き掃除用のモップが付いています。ゴミを吸い取るだけでなく、拭き取りまでいっぺんにできるので、ゴミや汚れを取りこぼしません。

このモップ、使用後にお手入れすることで繰り返し使用できます。古くなったら新しいモップと交換しましょう。

モップは、使用後に毎回取り外して手洗いし、乾燥させればOKです。

 

また、水拭き機能が付いているロボット掃除機の場合、水を入れるクリーニングタンクが付いています。

ロボット掃除機を使い終わったら、クリーニングタンク内の水を捨てましょう。内部を乾燥させて、外側は乾いた布で拭いてキレイにします。

 

消耗品であるモップは、使用後毎回お手入れします。50回程度洗ったら、新しいものと交換するときれいに拭き掃除ができるかと思います。

その他の部分のメンテナンス

その他、消耗品ではありませんが、以下のようなお手入れもしておくと、快適にロボット掃除機が働けます。

まず、充電台。こちらは設置場所が大事です。充電ドックの周囲に物や反射するもの(鏡など)がないことを確認し、ドックの前面に1.5m、両側に0.5m のスペースを確保してください。

そして、端子部分の性能を維持するために、乾いた布や、メンテナンスツールがある場合はブラシで、掃除しておきましょう。

また、センサー部分に汚れが付くと、センサーが働かなくなってしまいます。落下防止センサーの性能を維持するためにも、メンテナンスツールのブラシまたは乾いた布を使って、きれいに拭いておきましょう。

ロボット掃除機裏側の回転ホイールも、髪の毛などの異物が絡まりやすいところです。ブラシと同様に、絡んだ異物を取り除いておきます。

消耗品は事前に用意しておくのが安心&オトク!

ブラシやフィルター、モップなどは、古いまま使い続けていると掃除の効率が落ちてしまいます。これらは消耗品ですので、事前に交換部品を買っておけば、すぐに対処することができますね。

そこでエコバックスでは、消耗品を使い切ってしまったときに慌てなくて済むように、オトクなアクセサリーセットの販売を一部機種で始めました!

ロボット掃除機と同時に消耗品1セットが付いてきて、しかも後から別々に購入するよりもお安くなります!

いつか必ず必要になるものばかりですので、最初からまとめて買っておけば送料も節約できます。

 

★エコバックス直営公式ネット通販限定モデル! DEEBOT M81Pro

 

★コンパクトなので一人暮らしや二人暮らしに!小型ロボット掃除機 DEEBOT MINI2

 

★高コスパ!アプリ対応で水拭き機能も搭載の二刀流ロボット掃除機 DEEBOT M88

 

それでもうまく掃除できないときは

いくらメンテナンスをしても、パーツを交換しても、ロボット掃除機がきれいにお掃除してくれない…という場合は、各メーカーがサポートを行っているかと思いますので、まずはそちらに連絡してみると良いですね。

エコバックスの場合、万一故障してしまった場合も、日本仕様の正規品であれば、

  • ご購入日から1年間は無償修理
  • 修理後に故障が再発した場合も90日以内は無償対応
  • 修理だけでなく清掃や点検にも対応

を行っています。エコバックスのサポート拠点は国内にありますので、修理の品質も安心ですね!

 

この記事を読んだ方には、こちらの記事もおすすめです!

[困ったらまず読む]ロボット掃除機のトラブル対処法一覧

 

 

Return Top