そろそろロボット掃除機?:週刊ロボット掃除機通信

家庭用ロボット掃除機は、ルンバだけだと思っていませんか?ロボット掃除機は、海外・国内さまざまなメーカーが独自の特色を出した商品を展開しています。「ロボット掃除機が欲しい!」と検討中のあなたに、ロボット掃除機や掃除の役立つ情報をご紹介しています。

価格から機能まで。メーカー8社のロボット掃除機を徹底比較しました!【2016年版】

現在国内で販売されているロボット掃除機ですが、どのくらいのメーカーがあるのでしょうか?
まず、思い浮かぶのがロボット掃除機のさきがけとなっているiRobot社のルンバかと思います。
image003 image002 image006

その他のメーカーはどうでしょう。
ここ最近は、パナソニックやダイソンなども知られているかと思いますが、ルンバほどはまだ知られていないのではないでしょうか。
上記の2社以外にも、シャープや東芝、エコバックス、ネイトロボティクス、CCPなど、国内外の企業がしのぎを削っているようです。

image014 image017 image012 image014
image020 image021 image024

数あるロボット掃除機の中から、これは!と思う1台を見つけるためにはどうしたら良いのか?
迷います。
なので今回は、実際に家電売り場で見たり、ネットで調べたりして、メーカー8社の上位機種を比較してみました。

 

まず、価格が気になる。

各メーカーでいろいろな機種が販売されているようですが、上位機種と言われている機種の価格はどうなっているのでしょう?

iRobot dyson パナソニック シャープ 東芝 エコバックス CCP neato
ルンバ980 360eye ルーロRULO MC-RS200 ココロボRX-V95A-N トルネオVC-RV2 DEEBOT M85 CZ-C02 D8500
¥101,822 ¥101,559 ¥68,999 ¥47,000 ¥51,610 ¥61,800 ¥15,177 ¥49,800

ルンバ、ダイソンがズバ抜けて高いですね。
これは、値段=性能(掃除能力)ということなのでしょうか?
一方、CCPの価格は激安といえるレベルです。あまりに安いと性能が心配になりますが…どうなのでしょう。

そうなると、5~6万円台で手に入るパナソニック、シャープ、東芝、エコバックス、ネイトあたりが買いやすそうです。

掃除機能の点はどうなのか?

次に気になる点は、本体の大きさや、重さ、ダストボックスの容量、動作音などですね。

iRobot dyson 東芝 パナソニック シャープ エコバックス
サイズ(mm) 353×353×92 230×240×120 350×350×87 330×325×92 310×310 x90 344x344x88
重さ(kg) 3.9 2.4kg 3.4 3 2.3 3
集塵容量 0.6 0.2L 0.1L 0.25L 0.66
動作音 54dB 56db
自動充電
自動ごみ回収 × × × × ×
モップ機能 × × × × × ○(水拭き)
リモコン × ×
掃除コース マッピング※2 マッピング ランダム ランダム ランダム ランダム
掃除モード 2種類 1種類 4種類 5種類 4種類
動作時間 ~120分 ~45分 ~70分 ~100分 ~100分 約120分
部屋サイズ認識※1 ×
充電時間 約3時間 2.75時間 約5時間 約3時間 約3時間 約4時間
ブラシ数 メイン1/サイド1 メインブラシ メイン1/サイド2 メイン1/サイド2 メイン1/サイド2 メイン1/サイド2
消費電力 33W 18W 33W 33W
ほこり認識 ×
スマホ操作 × × ×
センサー 赤外線 カメラ 赤外線+カメラ 赤外線+超音波 赤外線+超音波 赤外線

本体の大きさや重さ、掃除コースなどは驚くほど重いとか軽いということは無いようです。
ですが動作音では、iRobot・dyson・パナソニック・シャープなどは公式な発表をしていないようです。どうなんでしょう?
公表している東芝とエコバックスは、54dbと56dbとあまり差は無いようです。

公表していないメーカーについては、少し検索してみるとiRobotは「60~70db」程度という情報が出てきました。
テレビを見たり会話するのは難しくなる程度の騒音だそうです。
テレビや会話が難しい音はちょっと困るので、動作音に関しては60db以下のものが良さそうですね。

各ロボット掃除機の掃除の方法やコースは?

調べてみると、「ランダム」と「マッピング」という方法があるようです。

まずは、「ランダム」というコースは一般的に思い浮かべるロボット掃除機の動きそのままのようです。
動きには一定の法則はありそうですが、部屋中を動き回る感じでしょうか?

「マッピング」というのは、最新ロボット掃除機が搭載している「SLAM」(Simultaneous Localization and Mapping:自己位置推定と環境地図作成を同時に行う技術)という技術を使って、部屋の形を予め把握して掃除をする事だそうです。部屋の形が解れば家具などに衝突して傷を付けることが無いので便利です。「マッピング」の機能はiRobotとdysonにしか付いていないのが残念です。

掃除の方法で他にはない機能では、エコバックスのDM85には水拭きの機能が標準で付いています。
水拭きといえば最近ではiRobotの「ブラーバ」がありますが、このDM85なら一台で掃き掃除から拭き掃除までしてくれるというのはポイントが高いです。

動作時間やバッテリーの持ちは?

大体のメーカーは100分~120分というのが多いです。
一度に2時間近く動いてくれれば掃除漏れはあまりない気がしますが、dysonや東芝のように動作時間が45分~70分というのは少し短めですね。
動作時間=バッテリーとお掃除ロボットの頭の良さと考えると、この動作時間の長さというのは、ロボット掃除機を初めて買う時のプライオリティーとしては高くなるんじゃないでしょうか。

結論。どのロボット掃除機にしますか?

  • 価格的に買いやすいのは、パナソニック、シャープ、東芝、エコバックス、ネイト
  • 大きさや重さは大差ないが、動作音を考えると東芝とエコバックス
  • マッピング機能が付いているのはiRobotとダイソン
  • 水拭き機能も欲しい場合はエコバックス

よく耳にするiRobotのルンバやダイソンの製品は、音が大きそうなのと、機能の分だけ高額なので、大きな家や掃除頻度の高いご家庭に良いかもしれませんね。通常の家庭なら、価格も機能もちょうどいいエコバックスがおすすめです。

エコバックスのDEEBOT M85、詳細はこちら。

 

※この記事を読んだ方には、あなたのライフスタイルに合った掃除機が分かるこちらの記事もおすすめです。

あなたにおすすめのロボット掃除機はこれ!かんたん診断チャート

 

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top