Just another WordPress site

ペット火葬2

未分類

犬や猫のペットの一任個別火葬と一任合同火葬、立会個別火葬の違い

投稿日:

犬や猫、ペットの立会個別火葬と一任個別火葬・一任合同火葬の相違犬や猫、ハムスターなどがお亡くなりになった時に行われるのひとつの葬儀が火葬です。

火葬は次のようなものがあります。

  • お骨拾いまで行う立会火葬
  • ペット引き渡し後は一任する一任火葬

加えて、一任火葬には

  • 個別に火葬して納骨までセレモニースタッフに一任する一任個別火葬
  • いくつかのペットを合同で火葬して納骨まで一任する一任合同火葬

があります。

実際まで一緒に過ごしてきたペットを他者に一任する事に賛否両論あるとおもいますが、どっちも需要のある火葬です。

立会火葬にするか一任個別火葬にするのか、もしくは一任合同火葬にするか。

この文章では

  1. 各々の火葬がどのような人に選ばれているのか。
  2. どういった火葬・葬儀手法なのか。

この事を大抵紹介しています。

立会火葬は火葬炉へのお見送りからお骨拾いまで飼い主立会で行う

立会火葬にも火葬車で行うものとペット霊園施設で行うものがありますが、どっちも飼い主が火葬炉へのお見送りからお骨拾いまで立ち会うもち味があります。

立会火葬は「飼い主・身内で最後までお見送りやりたい」という方にベストチョイスやりたいテクニックです。

形式としては私たち人間の火葬と同じと理解していただくと心象がつきやすいと考えます。

お亡くなりになられたペットを火葬炉へ見送り、火葬が終わるまでは待合室や我が家などで待機します。

火葬が終わると飼い主や世帯立会のもと、お骨拾いを行います。

お骨拾いも飼い主やご世帯が行う事もできますが、悲しさもあり行えない事例はセレモニースタッフにお骨拾いをお願いする事もできます。

お骨拾いまで終われば、お骨はデフォルト納骨要請する事もできますし、ご我が家に持ち帰る事もできます。

活用するセレモニー専門家ごとに応対が異なる事あり、専門家によっては納骨先が指定されている事もあります。

前もってに見極めをしておきましょう。

一任火葬は火葬炉までお見送りしてその後は一任する手法

前述しましたが、一任火葬には一任個別火葬と一任合同火葬の2種類があります。

どっちにも共通しているのは火葬炉までお見送りした後はエキスパートにお骨拾いから納骨まで一任するという事です。

一任個別火葬と一任合同火葬の差異を解説します。

一任合同火葬は合同だからコストが抑えられる

一任合同火葬はこのような状況の方に選ばれています。

  • 個別火葬の空きがないが火葬を待てない状況。
  • 火葬するにしても経費を抑えたい事例。
  • 本人のペットではなく、死亡している動物を見つけた時。

一任合同火葬はいくつかのペットを火葬するためお骨を特定する事は面倒に、お骨をお返しできないのが短所ではあります。

なお、火葬後の納骨も個別に骨が分類られないため、合同納骨となり他のペットのお骨と共に合同で納骨される事になります。

必然的にお骨を手元に残したい時は立会火葬を選り抜く不可欠があります。

一任個別火葬は悲しみが強くお骨上げができない状況の方にベストチョイス

一任個別火葬は次のような状況で選ばれています。

  • 死亡したペットのお骨上げができない方。
  • 必然的に個別で火葬してあげたい時。
  • 納骨は個別にしてあげたい時。

一任火葬では出棺・お別れまでは飼い主・ご世帯で立ち会っていただき、それ以降の火葬からお骨上げ・納骨まではセレモニースタッフに一任するテクニックです。

お任せする中身は合同火葬と同じですが、個別で火葬される事と、納骨も個別に行われるという異なる点があります。

火葬車でも一任火葬と立会火葬が選べます

火葬車とは火葬炉を準備たスペシャルな仕様の車をいいます。

霊柩車はお亡くなりになられた方・棺をお迎えして火葬・斎場へお送りしますが、火葬車は載せるだけではなく、火葬する施設が整っています。

霊園が遠くていけないケースや小さいお子さんやご老年期の方がおられ、火葬施設よりも我が家でお別れをやりたい時に選ばれています。

火葬車でも一任火葬と立会火葬を選択する事ができます。

火葬車での一任火葬について

火葬車の一任火葬では、火葬炉へペットをお見送りした後はお骨拾い納骨までセレモニースタッフへ一任する事ができます。

火葬車での立会火葬について

火葬車での火葬でも立会ができるです。

火葬車の火葬炉へのお見送りをした後は火葬が終了してお骨上げの下拵えが整うまでは、我が家で家事をしたり子供などのお世話をする事ができます。

お骨上げの仕込みが整えばスタッフより連絡があり、スタッフの指導・指示のもと、飼い主・ご世帯でお骨上げを行います。

火葬車での立会火葬では納骨は専門家へデフォルト要請する事もできますし、しばらくは手元に置いておき、その後に納骨をするという技術をとる事ができます。

コラム:一任火葬・合同火葬に嫌悪感をもたないで

一緒に過ごしてきたペットとのお別れですから、可能なら最後まで立ち会ってあげたいものです。

ただし、必然的に業務の都合がつかない事例もありますし、火葬されて変わり果てた姿を受け入れられないという方も少なくないのです。

じっくり心積もりたくても、お亡くなりになったペットは待ってくれません。

何日も火葬の技術を決めれなかったり、火葬の予定が取れない事例はペットのご遺体の状況も刻々と移り変わりをしてきます。

あまりのんびりと一考する時もないのですが、悔やみしないような手法を選定するようにやりたいですね。

-未分類

Copyright© ペット火葬2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.