Just another WordPress site

ペット火葬2

未分類

犬や猫などペットが死んだ時の安置と姿勢の整え方。必要になるもの。

投稿日:

ペットが亡くなりしばらく我が家で安置する事例、デフォルト放置しておくわけにはいきません。

共に過ごしてきた重要なペットですから、最後まで慎重に見送ってあげたいものです。

この投稿を読んでいただければ、犬や猫などのペットの姿勢の整え方や安置手段と、不可欠になるものが解ります。

不可欠なものを先にセットたくなるかもしれませんが、優先順位は姿勢を整えて安置する仕込みのほうです。

その訳についても紹介しているのでポイントにしてください。

犬や猫など姿勢はどのように整える?

犬や猫などの姿勢を整えるのには2つの所以があります。
 

  1. とくに大型犬は整えないと火葬炉に入りきれない
  2. 整えることで見た目も美しく、棺に納めやすい

 死亡した時の姿勢にもよりますが、手足が伸びたステータスだと小型犬であっても硬直後により大きな棺やダンボールを仕込みしなければならなくなりますし、それだけ位置を不可欠とします。

(生きてるペットの寝姿です)

大型犬の時は火葬炉に入りきれない時は無理矢理に手足を曲げられて不自然な格好で火葬炉に詰め込まれる事にもなりかねません。

こういった事から、姿勢を整える事は非常に大切な事なのです。

ペットの姿勢は死後硬直前に整える

死んでしまうと全くの時、死後硬直が起こります。

死後硬直後24〜40時後には硬直も緩んで再び曲げる事ができますが、それでは処置が間に合わない事も多々あります。

死後硬直は死後10分後から心臓や内臓から始まり、2時程度からは私たちでも体感するように手足が硬直して曲げられないようになってきます。

悲しさで処置をできない事もあると考えますが、死後硬直は現実に起こるものであり、飼い主が整えなければ如何にしようもない事でもあります。

死後硬直に関してはこちらで詳細に解説しています。

犬や猫、ペットの死と死後硬直について。死後硬直する前にすべきこと

犬や猫、その他のペットも死んでしまった後はほとんどの場合には死後硬直が起こります。 なかには死後硬直しない種類のペットもいますし、普通は死後硬直するのにしないケースもあります。 この記事ではペットの死 ...

手足を曲げて体によせ、頭の位置も整える

ペットの姿勢の整え方ですが、これといった決まりごとはないのですが、下のイメージのように可能なだけ自然に・小柄にととのえるのが見所になります。

死んだペットの手足をコンパクトにしてできるだけ身体に寄せます。首もお腹のほうに向かって丸めるなどして姿勢を整えます。

(生きているペットの写真です)


首がまっすぐ伸びていると支度する棺・ダンボールの長さが足りずに大きなものを支度しなければならなくなりますし、鼻先やお尻がダンボールにこすれるように安置しないといけなくなります。

頭の位置も整えてあげたいものです。

棺になるものに安置する

はじめから棺になるものに安置して姿勢を整えてあげたくなるかとは考えますが、これから紹介する必須なものが直ちにに仕込みできないのであれば、最初に姿勢を整えてから棺となるものに安置しましょう。

安置するときに姿勢が崩れる事がありますが、そのステータスで硬直しているのでものと姿勢には戻しやすいので心配無用してください。

犬や猫などペットが死んだ時に、真っ先に支度すべきもの

姿勢を整えたら犬や猫などのペットが贔屓だったものなどを添えてあげたいとは考えますが、最初に必須最低限のものから支度しましょう。

真っ先に下拵えやりたいのは次のものです。
 

  • 棺となるダンボールや木箱
  • 底に敷く新聞紙
  • ペットの下に敷くバスタオル
  • ドライアイスや保冷剤
  • 脱脂綿かガーゼ

 
これらをどのように使用するのかを紹介します。

棺になるダンボールや木箱

最初に棺・安置するためのダンボールを仕込みしましょう。

大きさは大きすぎる不可欠はないのですが、ペットが入りきれてそこそこの深さがあるものにします。

現在までかわいがってきたペットの筋肉が緩み、体液が漏出してくる事もありますし、排泄物が出てくる事もあります。

そのような現実を予想しながら新聞紙やバスタオルを敷いたりするので棺が浅すぎると保冷が効きにくくなるので、水準を満たすまでの深さがあるものにしましょう。

棺とするものはデフォルトでも焼けるような木の材質のものかダンボールがベストです。

安置していてもその棺のまま火葬できない事もあるかもしれませんが、プロや状況によって異なってきます。

新聞紙を敷いてダンボールがヘタるのを防ぐ

木箱やダンボールは水準を満たすまでの丈夫さは準備ていますが、漏出や尿などによって湿ってしまうと極端に剛性が弱くなってしまいます。

持ち上げたケースに底が抜けるような事があれば何とも言えない状況となってしまいます。

棺が湿らないように水準を満たすまでの新聞紙を最上底に敷きましょう。

棺が湿らないように水準を満たすまでの新聞紙を一番下に敷きましょう。

新聞紙を敷いておく事でダンボールへ湿気がきたり濡れないように阻止できます。

これからのイラストでは新聞紙などが大量に入れられているように見えるかもしれませんが、わかりやすく図にしているだけなので、奥行きなどは気にしないでください。

バスタオルを数枚敷く

バスタオルは中型〜大型犬であれば最低でも4枚程度は新聞紙の上に敷いておきます。

新聞紙の上にバスタオルを敷きます。身体から出る体液などを吸収できるように多めにいれます。少ないと体液で棺が濡れて強度が下がります。
膀胱内に尿がたまっていれば全くのケースは尿が漏れ出てきます。

バスタオルで尿を吸収させて棺を濡らさない事を想定し、多めに入れておくほうが堅実です。

腐敗を遅らせるためドライアイスや保冷剤を支度

バスタオルの上にペットを安置したら、ドライアイスや保冷剤、もしくは氷を空きや横に添えておきます。
バスタオルの上にはペットの遺体と腐敗を遅らせるためのドライアイスや保冷剤・氷等を入れます。
明らかな腐敗はそう手間なくに起こりませんが、季節や安置スポットによっては腐敗しやすい状況になります。

業務や火葬エキスパートとの日程が合わずに数日間安置するケースは、腐敗を遅らせるためとくに強めの保冷が必須です。

保冷剤としてはドライアイスが長持ちしますし、保冷影響も高いのでベストチョイスです。

とはいえ、ドライアイスはそう手間なくに取得可能なものではないのです。

いつもからお付き合いのあるスーパーなどに行けば少量であればもらえる確率もありますが、少量あったところで微力です。

ドライアイスは葬儀プロに話し合いすれば譲ってもらえるかもしれませんし、氷を提供しているところであれば調達もできるです。

タウンページなどで調査してみると見つかったりします。

もしくはAmazonや楽天などのオンライン販売でも購買できます。

Webページによってはバスタオルの下にドライアイスや保冷剤を敷き詰めるテクニックを解説してあります。
冷気は上から下に流れるため、ペットの横や上に置いた方が効率的に保冷できます。ペットの下に保冷剤を敷き詰めて効果はありますが。
その技術も有効ではありますが、冷気は上から下に流れる特質があるため全て的に冷ややりたい時はペットの横や上に置いたほうがパフォーマンス的です。

棺のフタを占めておくのであれば下に敷くだけでもいいかもしれませんが、確実に行うのであれば横や上にも置く方が間違いないのです。

体液漏出防止に脱脂綿やガーゼを詰めるゆとりがあれば行う

ペットから体液や排泄物などが漏出するのはどんどんではないのです。

水準を満たすまで出てしまえば、よほど体を揺らしたり持ち上げたりしない限りは止まります。

脱脂綿やガーゼを口腔内や肛門などに挿入可能なゆとりがある時、そうする事で水分が体内のガーゼなどに吸収されて漏れ出にくくなります。

敷いたバスタオルで包むか上からかけて保冷する

最後にバスタオルを布団のように上からかける事で保冷成果が長時間続きやすくなります。

上からかけなくても、下に敷いているバスタオルで包むようにしても平気です。
上からバスタオルを布団のようにかけることで保冷効果が長時間続きます。
安置が終わってもなんどもペットの姿を見たくなるとは考えますが、なんども繰り返していると冷気が逃げるため腐敗が進みやすくなります。

できるだけそっとしておくようにしましょう。

姿勢を整えて安置するだけじゃだめ!火葬エキスパートを探す

ここまで解説してきた事を終えればそれで終わりではないのです。

見送るための仕込みが整っただけにすぎません。

ペット社会となりペットの火葬プロが不足している状況で、自らの都合の良い日に火葬してもらえるとは限りません。

むしろ、いくつかの専門家と連絡を取りながら都合のつくところを探すパターンになり、自らのお願いする火葬ができない事もあります。

処置をしながらも専門家と連絡をとる事も必須です。

火葬の種類などに関しては次のテキストで紹介しています。

犬や猫のペットの一任個別火葬と一任合同火葬、立会個別火葬の違い

犬や猫、ペットの立会個別火葬と一任個別火葬・一任合同火葬の相違犬や猫、ハムスターなどがお亡くなりになった時に行われるのひとつの葬儀が火葬です。 火葬は次のようなものがあります。 お骨拾いまで行う立会火 ...

そして、ペットが死んでしまった事例に優先してやるべき事も紹介しています。

猫や犬などペットが死んだ時に優先してやるべき3つのこと。

ペットが死んだ時にやってあげるべき事はいろいろあります。 ところが、とくに初めてペットの死を目の当たりにした人ならとくに悲しみや動揺は大きく、すべての事を慎重に行う事はできません。 この投稿では、ペッ ...

コラム:冷たいようだけど、スピードが必須

私もペットがなくなったケースはいつまでも撫でていたり、悲しい心境ばかりで死後硬直の事などは頭になく、あとから気付いて大変な考えをした部類です。

きつい事をいうかもしれませんが、死後硬直が起こるのも現実ですし、体液が漏れ出てくるのも現実です。

こういった現実・限定しれた時の中でありながらも、最後まで愛したペットを透明感漂うにお見送りするのも飼い主の役割だと考えます。

悲しみながらも、何をすべきかなどはちゃんと心積もりておく事が必須です。

-未分類

Copyright© ペット火葬2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.